【男の子ママが勝ち組】は今や昔?女の子ママにマウンティングされる風潮に物申す!

「男の子ママが勝ち組」は今や昔?

こんな統計があります。

1980年代の日本では男の子を希望する人のほうが女の子を希望する人よりも多かったのですが、1994年以降から令和の今まで、女の子を希望する人の方が多い割合だという

しかも最近(2018年)の民間アンケート調査では、

一人だけ子供を授かるなら

女の子を希望:66% 男の子を希望:13%

なんと5倍もの開きが…!

確かに世の風潮として、なんとなーく「女の子のママになりたい」人が多い印象はそこはかとなく感じます。

しかし熱烈に「私は男の子が欲しい!」と希望するママもいるので、これはもちろん個人差あり。

ちなみに中国や韓国、アジア系は男の子を望む人が多いようで、

私が衝撃を受けたのは韓国ドラマで、ヒロインが姑に

「男の子を産んで無いお前は一人前じゃないっ」と喝破されてるシーン。。

「後継が欲しい」という昔ながらの風習があると、男の子が歓迎されるのはあるかもしれませんね。

(歌舞伎界みたいにさ。。)

two children standing near concrete fence

女の子ママからのマウンティング被害続出?

そういうわけで昨今は統計から見ても

「女の子ママがなんとなくラッキー」みたいな風潮がある気もします。

実際、女の子ママから

「男の子ママは、子育ては大変そうね」

「おそろいの洋服とか着れないのね」

「大きくなったら男の子はどっか行っちゃうものね」

などのマウンティング被害報告もちらほら聞きますが、

いやいやいや!

男の子ママだからこそ味わえる醍醐味って、もう、めちゃくちゃあると思うんですけどね。

woman reading book to toddler

男の子ママが味わえる醍醐味について

まず、男の子の場合、パパが一緒に思い切り遊べるという、パパからの嬉しい声があがります。

男親と男の子の絆を感じるとグッと来るものがあります

それと

「ああ〜男の子の子育ては大変。考えてることがさっぱりわからない。女の子はいいわねえ」

なんて愚痴を言ってるママほど、実は我が子がかわいくてたまらないってこと。

奇想天外な行動が多く、マイペースで甘えん坊な男の子は、ママにとって本当は可愛くて可愛くて仕方がない。

「本当うちの子はおバカで大変なの〜」

と言ってる男の子ママの、なんと幸せそうな表情!

虫、電車、恐竜、プラモデル。

未知の世界へママをガンガン連れていく男の子。

戸惑いつつ、それに付き合い新しい世界を知るのも男の子ママの醍醐味です。

ちなみ男の子ママは、パワフルで美しい人が多い印象があります。

参考:【男の子しかいないママの特徴】とは?あるある3つを今だから本音で語る…!

男の子しかいいない…と嘆く前に、

実は男の子ママが羨ましがられるポイントは

  • パパとキャッチボールができる
  • 奇想天外な動きに、毎日新鮮
  • 男の子同士の友情のさっぱりして熱い(女子特有の難しさがない)
  • 甘えん坊
  • ママの体力がつく(健康的)
  • 元気な男子は親戚受けが(なぜか)良い

などなど。

あと、個人的には「子供に過度の期待をしすぎなくなる」のが、男の子を育ててると感じる良いところ。

男の子って、全然言うこと聞かないじゃないですかっ!

頑張って幼児教育やらせても、お稽古やらせても、本人がやる気ないと全く頑張らない!

女の子の場合、割と幼い頃から器用にこなせることで、

母親もつい「あら、うちの子いけるかも」と教育熱が入り思い通りにさせてしまうことも。

男子の場合、早い段階で「本人にやる気がないとホント無理」と悟り、

「まあ本人の好きにやらせよう」と諦めがつくことが多いです。

athlete athletic baseball boy
でも、パパの願望には敏感だったりするよね、男の子って。。

育児を楽しめてるのが真の「勝ち組」

でも

「男の子ママだから勝ち組」「女の子ママだから勝ち組」

て、本当はないですよね。

実際に育児をしているママなら、誰もが本当はそう実感しているのでは。

そう、「真の勝ち組」は、今まさに子育てを一生懸命、楽しんでいるママだと思います。

子育て、大変なこともいっぱいありますよね。

「楽しみましょう」なんて言われても、

そんな簡単に楽しめないよ!という心境のママもいるはず。

mother and daughter on grass
ママはママでいるだけで良いのに

子育て楽しくない、しんどいってママも、全然悪くないです。

疲れているだけなんです。

でもすごく疲れていることにも気づいてないくらい、一生懸命なんだと思います。

どうか気を抜いて、「自分ではそんなに」と思っても、がっつり休みましょう。

夕食作りなんか、1回すっ飛ばしましょうよ。(マクドナルドや吉野家で良いでしょ☆)

子供と一緒に昼寝しましょう。

子供がyoutube見ている間に、自分も好きなものガンガン見ましょう、お菓子と美味しいコーヒーと一緒に。

そうやって気を抜いたら、すこし、心が柔らかくなるはず。

子育てを楽しめるママからすれば、

その横にいるのが男の子だろうと女の子だろうと、幸せであることは全然変わらない。

「勝ち組」なんて言葉に縛られる必要、全然ないんですよね。

子供といる生活が本当に幸せ、ただそれだけ。

そう思えたとき、より子育ては楽しいものになると思います。

↓この本を読んで忘れていた大切なことに気付かされました。

92歳の現役保育士が伝えたい親子で幸せになる子育て