ママ友の作り方【0歳、1歳のとき】

0歳育児は孤独との戦い

はじめての育児のとき、ママ友ゼロからのスタートでした。

ゆかりのない土地で、慣れない育児をする。

最初の頃は必死で周りを見る余裕なんて全然なく突っ走った感じだったけど、ふと

「あれ、私、孤独かな…」

と感じ始めたのが、生後6ヶ月くらいの頃。

一度気になりだすと、結構気になる(笑)。

乳児湿疹、予防接種、寝返り、離乳食、夜泣き…。

色々気になることがあっても、誰も相談する人が周りにいない。

クスッと笑えること、もういやだーと疲れ果てること、ちっちゃな悩みや愚痴を、同じく子育てしているママ友と共有できたら、楽しいし、ストレスも減るんじゃないかな…そんな風に思うことも。

ママ友怖い、積極的には欲しくない…という偏見もあったけど、ママ友いればな…と思うこともたくさんあった、0歳、1歳の頃の子育て。

いま、子供が成長してから振り返ってみて思うこと。

ママ友をもっとも自分が欲していた時期って、子供が0歳1歳の赤ちゃんの頃でした。

やっぱりね、すごく孤独を感じる時期だったんですよね。

欲しいけどママ友ができない!

ママ友できれば…と思い、

  • 子育て支援センター
  • 児童館
  • 公園
  • スポーツセンター

など色々なところをベビーカーでお出かけしました。

が!

一向にできない!全然できない!

いま思えば、その頃、色々なところに足を運びすぎだったんですよね。

1週間に1回のペースで(しかも曜日はランダム)児童館に足を運んでも、そこにいるママさんたちは毎回違うメンバー

いつも同じ場所へ足繁く通えば、顔見知りになりやすいのに、毎日違う場所にあちこち行くから、全然顔見知りが増えない(笑)。

当時はそんなことも今ひとつ認識せず(鈍感)、

「色々足を運んでいるのに、なんでママ友できないんだろう…?」

と思ってました。

積極的に話しかけるタイプでもなかったことも一因だとは思ってます。

毎回行く場所が違ううえに、人見知りで、自ら積極的に行かない…。

ママ友ができる以前の、スタートラインにすら乗ってない状態のまま、月日だけが経ちました。

ママ友ができた場所

私がこどもが幼稚園に上がる前にできたママ友。

  • 連絡先を交換したひとは一人。
  • 連絡先は交換してないけど、近所に住んでいて立ち話をするひとが一人。

以上、2名できました〜(パチパチ)

え、少ない?

いえいえ、私からしたら上出来。しかも、お二人とも良いひと(⇦大事)なので満足でした。

連絡先を交換したママ友は、支援センターで出会いました。

初めて会った、その日に連絡先を交換しました(顔見知りではなかった)。

お互い一人で支援センターに来ていて、子供の性別や月齢が同じで、色々話が合ったんですね。(幼稚園情報とか、ベビーカーどんなのが良いかとか、夜泣きの辛さとか)

で、話が弾んで、帰りのタイミングも一緒で、支援センターの外へでても帰りの方向が一緒でした。

「よければ、このあとお茶でも?」

と誘われて、近所のカフェでお茶して、そのとき

「もし迷惑じゃなければライン交換しませんか?」

とあちらから言ってくれたのです。初めてママ友とライン交換!(照)

そして、ラインを交換したあと

「今度の水曜日、また支援センター行きませんか?まだ色々お話したいし」

と。そんな感じでママ友になりました。

我ながら、自然な感じでママ友になれた事例だと思います。

月齢が一緒とか、お互い一人だったとか、帰りの方向が一緒とか、運も味方してくれた気がします。

その後、幼稚園も小学校も別々でしたが、同じ駅に住んでいるので夏休みや冬休みなどに、いまも一緒に遊んだりお茶する付き合いが細々と続いています。

もう一人は、幼児教室で一緒だったママさん。

実は、

  • ママ友が上手に作れない
  • 自分から話すのは苦手
  • 教育に興味がある

という人は、幼児教室、すごくおすすめです。

もともと、私は育児の仕方がわからない!という不安から、幼児教室に子供が0歳の頃から通ったのですが、毎回同じ顔ぶれのママさん(しかも月齢近め)に会うので、こちらから積極的に行けなくても、なんとなく場の雰囲気や先生のアシストなどのおかげで、なんとも「ママ友を作りやすい環境」が整っているんです

まあ、ママ友できなくとも、毎回自分の子供が月齢近めの子たちと遊べる、というのも嬉しい。

毎回我が子と一緒にお勉強&遊びをしてくれた、同じ月齢のお母さん(この人も人見知り)と、ちょっとずつ、ちょっとずつ話すようになり、近所に住んでいるのでスーパーや小児科などでもちょくちょく顔を合わせ、次第にたくさん話すようになりました。

幼稚園の見学なども一緒に行きました。

お互い同じ幼児教室に通わせているだけあって、価値観が似ているんですよね。一緒にいて楽なママ友ができて嬉しかったです。

同じタイプの人見知りママとは、いつも顔を合わせる幼児教室の雰囲気のおかげで、お互い歩み寄ることができた気がします。

自分に合った場所を見つかるまで、ゆっくり漂流

ママ友ができないと、どうしよう、と気持ちばかり焦ってしまいますが、そういう時ほど、なかなかスムーズにいかないもの。

私としては、無理して作って、実は気があまり合わなかった、という悲劇をうまないためにも、自分に合うママ友が見つかるまで、ゆっくり漂流するのも良いんじゃないかなと思います。

実際、私はなかなかママ友はできませんでした、そのぶん、子供と二人だけで色々な場所に行くから、色々な場所に詳しくなりました。

できるときは、ひょんな拍子でできたりします。

これもご縁。

私のような積極的ではないタイプでも、ママ友ができました。

どちらにせよ、幼稚園に行ったら、顔見知りママはたくさんできます。

孤独感が強いのは、子供が0歳、1歳の頃。

どうしても、今すぐママ友作りたいくらい寂しいの!というなら、児童館の子育てクラスに通ったり、毎日支援センターに行って(同じ時間帯に)サークルに入ったりして、顔見知りを増やしていけば、ママ友は必ず作れると思います。(私はそんな気力がなかった)

積極的に行くのが苦手だったら、幼児教室。

子供の成長に関する情報が、ママ友がいなくて手に入らなくても、幼児教室の先生が悩みを聞いてくれて、色々な有益すぎる情報をじゃんじゃん教えてくれます。

幼児教室に通ったおかげで(頭良くなって欲しいと強く思うわけではなかった)、子育てのさまざまな悩みを、プロ目線から的確にアドバイスしてもらえて、本当に勉強になったし、色々質問できて心強かったです。

そして、同じような思いを抱えたママともじっくり話せるので、ママ友作りの土壌としては良い場所だったなあと今振り返って思います。